精神を安定させるためにまずは躁鬱病の検査を受けよう

鬱に負けるな!!

情緒が安定しない

ベンチで悩む人

躁病と鬱病の切り替え時期を見逃さずに済みます。

精神が安定して、安らぎを感じながら日々を過ごすことは充実した人生に大切な要素です。不安を感じて落ち込む日が多いと、限りある人生の時の一部を無駄に過ごしてしまいます。できるだけ明るく人生を送る事も大切ですが、気分が高まり過ぎて周囲との温度差が生じてしまうことがあります。安定した情緒を保つことで、周囲の人間との関係を上手に築き上げることが出来ます。一緒に仕事をする仲間、一緒に趣味や遊びの時間を共にする仲間は、精神的に安定した人物が良いと思うのが人間です。特に仕事関係では、大変な場面も多くあります。そのような時に、いちいち落ち込んだり激情したりする仲間よりも、落ち着いて対策を考えながら取り組める仲間の方がより好まれます。

苦痛がなく確定診断が受けられる優れた検査方法です。

社会的地位に大きな影響を与える精神状態ですが、ほとんどはその人の性格に左右されます。しかし、その人の人格や性格とは関係の無いところで情緒が不安定になるということがあります。精神疾患の一つで、情緒が不安定になるという病気があるのです。精神的に塞ぎこんでしまう状態をうつ状態といいます、逆に気分が紅葉しているという状態を躁状態と言います。この両方の症状が出ることを躁鬱状態と言います。うつ状態と躁状態が交互に繰り返される状態が慢性的に続く精神疾患が、躁鬱病です。身体的な病気ではないため、しばしばその人の性格や人格によるものと誤解を受けやすい特徴にあります。また、自分で自覚していないという場合もしばしばあります。気分の浮き沈みが激しいという方は、一度躁鬱病の検査を受けに行くと良いでしょう。

日本人の50人に1人が生涯で一度はかかると言われている精神の病気が躁鬱病です。気分が異常に高揚して、大きな借金を抱えたり正常な判断が出来なくなってしまう躁病と、その躁病の時の自分の行動を激しく悔やんで気分が異常に落ち込む鬱病を繰り返す病気です。 躁鬱病は波があって、それぞれの病気が入れ替わる時に正常な方と同じような精神状態になるため、非常に鑑別が難しい病気でもあります。診断は精神科医の技量に頼っていたことが多かったのですが、最近では光ポトグラフィーと呼ばれる検査方法が出現してきており、簡便に確定診断ができるようになっています。脳の神経の働きを調べるもので、今や一般のメンタルクリニックでも検査が受けられます。

光ポトグラフィーというものは、頭にカプセル状の機器を装着して、脳神経の異常である躁鬱病の病期を光を使って診断するものです。「え」と「ま」に関する文字を60秒間で出来るだけ行ってもらい、脳の前頭葉という部分の動きを調べています。鬱病に傾いている時には脳の動きが鈍くなり、躁病の時には一般の方と同じように脳が正常に動いていることが目で見えるため、躁鬱病の切り替えの時を見逃すことが無く、適切な治療が行えます。 また、光ポトグラフィー検査は、機器を取り付けるだけの簡単な準備で針や温熱などの苦痛を与えることがなく、しかも何度でも行える検査であるため、患者のストレスを減らせる優れた検査方法となっており、人気が高いものでもあります。

躁鬱病とは

躁鬱病は、気分が落ち込む鬱の症状と、気分が高揚する症状の両方が見られる気分障害です。躁鬱の症状によって、精神的苦痛を感じ、社会生活を円滑に送るための人間関係に支障をきたします。まずは検査で症状を確認しましょう。

詳細を読む

躁鬱病の原因

遺伝によってかかる病気とも言われている躁鬱病ですが、原因はまだはっきり解明されていません。育ってきた環境や本人の性格など様々な要素が複雑に絡み合っています。検査で原因が分かることもあります。

詳細を読む

性格な情報を

躁鬱病の検査を行う際には、家族や親しい人と一緒に行く必要があります。本人が自覚していない症状を正確に把握している可能性があります。また、職場の人からの情報も治療に役立つので、周囲から情報を収集しましょう。

詳細を読む

↑ PAGE TOP